社労士の働き方にはどんなものがあるのか?


勤務社労士として働く

社労士として働く場合、大きく分けて二つあります。勤務する場合と開業する場合です。

勤務する場合、よくあるケースは社労士事務所に勤務するものです。この場合の注意点としては、社労士事務所は個人で事業を行なっているところが多く、従業員を雇っているところは少ないです。また、雇ってもらえたとしても報酬額はそんなに高くはありません。一般企業に正社員として勤める方が高いでしょう。しかし、将来的に開業を考えているならその準備期間として、経験を積むために勤めるならいいでしょう。

それ以外では一般企業の人事・労務部門で働くということが挙げられます。この場合も注意点があって、中途採用の場合、企業は即戦力を求める傾向があるので社労士の資格があっても実務経験がなければ採用されるのは難しいでしょう。実務経験のない人は「未経験可」の求人がねらい目です。

その他には行政機関などで非常勤職員として働く方法です。この場合も高い報酬は望めませんが、開業を目指している人にとっては一つのステップになりえます。

開業社労士として働く

開業と言っても現実問題、社労士の資格を取っていきなり開業というのは難しいでしょう。先に述べたようにまずは社労士事務所や行政機関などで経験を積んでからという方が無難です。特に社労士事務所の場合は、事業主が高齢であれば引退して事業を継承できることもあります。新規開拓しなくても最初から顧問先があるので有利に開業できるのが大きいです。また、開業社労士でも顧問先を持たずに、業務委託契約で行政機関などの窓口で相談員として働いている人もいます。

いずれにしてもまずはどこかに勤務してという形になるでしょう。

渋谷の社労士は優秀な人材が揃っており豊富な経験を持っています。そのため、信頼できる社労士として人気があります。